HOME > 取扱商品 > 書籍 > 大衆とともに  公明党50年の歩み

取扱商品

大衆とともに  公明党50年の歩み

「大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆の中に死んでいく」との指針を党の原点とし、結党から50年を迎えた公明党。
地方議会から出発し、現場主義を貫き、「福祉」など数々の実績を築いて庶民の暮らしに光を当て、日本の政治をリードしてきた。
そして今、再び政権与党の一角として、21世紀日本の平和と繁栄を担う。
その50年の歩みの記録。
カテゴリ :書籍
製品コード 311401
価格(税込) ¥1,404
冊数:

内容

●前史━地方議会から出発━ 参院選で〝まさか〟が実現 公明政治連盟結成
 歴史的な「大衆とともに」の指針

●庶民・大衆の党 公明党結成━ 政界浄化へ真価発揮 宴会政治追放

●衆議院に進出━〝与野党ヤミ取引?〟疑惑糾す

●現場主義の「総点検シリーズ」━在日米軍基地総点検 非核3原則を実現
 イタイイタイ病を「公害病」に 公害総点検

●政党で初の「福祉社会トータルプラン」発表━国民福祉の最低水準を明示

●日中国交回復実現へレール敷く

●公・共「憲法論争」に全面勝利

●安保・自衛隊政策を現実的に転換

●「中道」の理念・路線を今日的に明確化

●細川連立内閣に参加

●自民との連立政権に参加━「改革のエンジン」、国家主義的傾向への〝歯止め〟役

●大震災の復旧・復興の先頭に

●平和主義の原則守った公明党

ほか