HOME > 取扱商品 > 月刊公明(バックナンバー) > 月刊公明 2020年 8月号

取扱商品

月刊公明 2020年 8月号

特集1 終戦75年。国際平和と安全の創出へ
特集2 コロナ禍から暮らしを守る
カテゴリ :月刊公明(バックナンバー)
製品コード 112008
価格(税込) ¥314
冊数:

内容

  
 
特集1 終戦75年。国際平和と安全の創出へ
 多様な脅威克服で存在感増す国連の指導力 滝澤三郎
 複合的連携による「共生」社会への好機 福島安紀子
 重層的に発展してきた国際安全保障の到達点 篠田英朗
 「通常兵器軍縮論」(福井康人著)を読む 編集部
 
政治家改革の視点
人間の安全保障という連携の力で
編集部
 
特集2 コロナ禍から暮らしを守る
 永久劣後ローンは中小企業資金繰りの命綱 山口義行
 ドイツが中核に据えるグリーン化とデジタル化 田中聖香
 政府に求められる学生支援とは 室橋祐貴
 再考する「九月入学」。留年か飛び級、必須に 藤川大祐
 
〈インタビュー〉
現実的な理想主義の政治で閉寒を打開 宇野常寛
がん治療の「心毒性」、研究強化が急務 庄司正昭
〈著者が語る〉
「現代日本の代表制民主政治」 谷口将紀
「夜回り先生 水谷修が見た公明党」 水谷 修
 
連載
世界の風 正念場の巨大FTA 西野孝明
Q&A議員力アップで政策づくり(51) 牧瀬 稔
「文化」の現場を歩く〈47〉
大阪市東住吉区の同市立自然史博物館
松本茂章
地方議員リポート
市民サービス向上へ、受付窓口を一本化
高知市議・山根堂宏
米「アトランティック」誌電子版(6月3日付)のマティス前長官 多摩川陽一
映画で世界を見れば
「悪人伝」
田中千世子
 
読者の広場・編集後記 編集部