HOME > 取扱商品 > 月刊公明(バックナンバー) > 月刊公明 2020年 6月号

取扱商品

月刊公明 2020年 6月号

特集1 新型コロナ 収束への方策
特集2「住まい」を軸に共生社会を考える
カテゴリ :月刊公明(バックナンバー)
製品コード 112006
価格(税込) ¥314
冊数:

内容

     
 
特集1 新型コロナ 収束への方策
緊急経済対策と公明党
 〈予算〉10万円一律給付、全ての人を対象に 石田祝稔
 〈税制〉企業、家計への支援で雇用を守る 西田実仁
 対面リスク回避に有事のテレワーク構築を 國井昭男
 緊急事態に求められる政府の説明責任とは 関谷直也
 日本は危機克服で国際協調の維持に努めよ 詫摩佳代
 
特集2「住まい」を軸に共生社会を考える
 居住支援をいかに強めるか 宮本太郎
 社会保障として住宅政策 水村容子
 高齢者の福祉拠点として有望な〝空き家〟活用 高橋紘士
 
多様化の時代に必要な政党指導者の資質 若月剛史
〝誰のために〟が今、問われる英新聞・放送界 小林恭子
行政の活性化に欠かせない持続可能な働き方 横田由美子
政治家改革の視点
危機対応 説明責任が政治の基盤
編集部
 
連載
世界の風 新国際秩序の可能性 白井浩一
Q&A議員力アップで政策づくり㊾ 牧瀬 稔
「文化」の現場を歩く〈45〉
大阪府八尾市の市文化会館(プリズムホール)
松本茂章
話題作の底流を読む
綿野恵太著「「差別はいけない」とみんないうけれど。」
多摩川陽一
映画で世界を見れば
「フェリーニのアマルコルド」
田中千世子
 
読者の広場・編集後記 編集部