HOME > 取扱商品 > 月刊公明 > 月刊公明 2019年 7月号

取扱商品

月刊公明 2019年 7月号

特集 衆望に応える公明党の中道政治
カテゴリ :月刊公明
製品コード 111907
価格(税込) ¥308
冊数:

内容

〈巻頭インタビュー〉山口なつお・公明党代表
参院選に断固勝利し、課題解決の先頭に立つ
映画で世界を見れば
「メモリーズ・オブ・サマー」
田中千世子

特集 衆望に応える公明党の中道政治
 〈対談〉変革求める底力が活力ある社会実現を可能に 大田弘子/斉藤鉄夫
 話題作の底流を読む
 谷田博幸著 「国家はいかに『楠木正成』を作ったのか」
多摩川陽一
 自公連立のメカニズムと公明党の影響力の源泉 前田 耕
 個人化進む社会を包摂するネットワークの創造 藪野祐三
 一歩踏み出す勇気となる女性政策を望む 坂東眞理子
 人口減抑止と生産性向上の対策強化を 尾林賢治
 
〈揺らぐ民主主義と政党の役割〉
国民に分かりやすい政策論議のために
竹中治堅
政治家改革の視点
政治は新時代の国の将来像示せ
編集部
英EU離脱の迷走が影落とす国境問題 小林恭子
日韓協力の先に現出する持続可能な関係 木宮正史
「関係機関の全件共有」で虐待死防止せよ 後藤啓二
〈著者が語る〉
「死ぬ権利はあるか」
有馬 斉
 
連載
世界の風 北朝鮮ミサイル実験 結城健一
Q&A議員力アップで政策づくり(39) 牧瀬 稔
「文化」の現場を歩く〈36〉
京都市の芸術創造拠点・京都芸術センター
松本茂章
 
読者の広場・編集後記 編集部